結果的には精鋭の言われたとおりになり、実際音響の国家がひろがりました。

あたしはカレッジ時代に、BGM同好会という仲間に入っていました。
クラシック、ジャズ、ロック、ポップスなどの各種BGMを聴いて
見方のコミュニケーションをしハマるという取り組みコースでした。
カレッジに入学するまでは、クラシックしかわからなかったが、こうした仲間に入って
ロックやポップス、歌謡曲などのBGMにも親しむようになりました。
その当時はLPがはやっていたので、LPを買ったりレンタルしたりして各種モデルの
BGMに親しみました。そうしてロックやポップスのBGMが至って好きになりました。
特にオリビア・ニュートン・ジョンやマドンナなどの女房ボーカルに夢中になりました。
歌声がとても歓迎でした。必ずこういう仲間に入って取り組みを重ねていくうちに、急に風土が著しく開けました。
入部した時は歌謡曲、ポップスやロックを聞いていても、どうにも人気を感じなかったが、
マスターに「あなたもこういう仲間に所属しているとこうしたBGMも好きになるよ」と言われました。
結果的にはマスターの言われたとおりになり、果たしてBGMの風土がひろがりました。
BGM同好会という仲間に入部して果たしてよかったです。キャッシングは即日審査が便利